秘訣は「頑張らない」。30代会社員、地域活動のすゝめ

苔口昭一さん

2016年にスタートした三鷹・武蔵野の都市農家を応援する「まちなか農家プロジェクト」で、リーダーを務める苔口昭一さん。昼間は都心で会社員、複業も行い、さらに地域活動と、何足ものわらじを履いています。なのに、いつも飄々とした印象です。多方面での活動を貫く思いをうかがいました。

苔口昭一さん(かに座)
三鷹市出身、在住。都心のIT関連企業に勤務する傍ら、本業で得た知識やスキルを活かして、地域で活動。「複業」の実践者として注目されている。「まちなか農家プロジェクト」リーダー、「好齢ビジネスパートナーズ」メンバー。

三鷹に農業があることを伝えたい!

-いま地域で最も熱心に行っている「まちなか農家プロジェクト」はどういう活動ですか。

農家さんがやりきれていない情報発信をお手伝いできればと思い、「まちなか農家プロジェクト」のWEBサイトを運営しています。そこには農家さんのインタビュー記事や直売所案内を掲載しています。
月に1回、予約制で農家さんから野菜を仕入れて三鷹駅前で受け渡しをしたり、農地の多面的な機能をみなさんに知っていただくようなイベントも行っています。

-どういうきっかけで始めることになったのでしょうか。

ITで三鷹・武蔵野地域の課題を解決していこうというアイデアソンを以前にやったときに、農業が挙がりました。さらに深掘りしようと分科会として10人ぐらいで会議を重ねて、当事者である農家さんから話を聞きました。

よくよく聞くと、野菜は売れてるし、販売の面では困っていない。むしろ後継者問題や相続税を含め、農地を守っていかなきゃいけないというところに悩みがあることがわかりました。

農業の施策に対して意見したり、ゲストティーチャーとして学校で農業について話したり、すでに若手農家さんたちの取り組みは盛んです。なのに、僕らは知らなかったんです。だから、彼らがこの時代に農業やっている理由や思いを聞いて、発信していくだけでいいのではないかと。それをみんなに知ってもらえば、地域には農業が必要だよね、という流れになっていくのではないかと思いました。

-はじめから農業に関心があったわけではないのですね。

はい。3歳ごろから三鷹で育ちましたが、農地があることに気づいてなくて、空き地でおじいちゃんたちが家庭菜園をしているのかなと思ってました。つまり三鷹に農業があると知らなかったんです。特産品であるキウイフルーツも三鷹産を食べたことがありませんでした。ギンナンも近所のイチョウが秋になると臭うな、と思ってたぐらいです。いまと違って、学校教育や給食から地元の農業を知る機会はなかったです。

月1回、三鷹駅前で配る野菜は新鮮そのもの

月1回、三鷹駅前で配る野菜は新鮮そのもの

いまでも知らない人のほうが普通かなと思います。でも地元の野菜や農業に興味のある人はいるはずです。

-活動を通じて、ほかにどんなことを知りましたか。

農家さんは農地を守るために農業をしているだけじゃないんです。
三鷹は開墾されてから300年になります。だいたいいまの世代で15代目ぐらい。じつは消防団や自治会の担い手は多くが農家さんで、火事になって一番に駆けつけるのは彼らなんです。

先代からの努力もあって、都市農業振興基本法が2015年に施行されました。ざっくり言うと、農地を住宅や道路に変えていく従来の方針から、まちづくりは農とともに行っていくべきと、国が方針を変えました。農家さんたちは、この法律は自分たちの農地を残すためではなくて、都市住民のためにできたものだと言い、農地の公共性をアピールしていきたいと言うんです。

例えば農地は、火事や地震の際の一時避難場所になります。ビニールハウスのなかに入れば暖を取れるし、井戸が設置されているところもある。食べるものもある。そういう農地の機能も知ってもらいたくて、防災団体「やろうよ!こどもぼうさい」と一緒に市民向けの防災イベントもやっています。

-活動のどんなところに魅力を感じていますか。

メンバーはデザイナーやイラストレーターなど10人ぐらいいて、みんな言うのですけれど、農家さんたちはすごく本能的というか、人間的というか、言い方はなんですけれど、昭和っぽい人が多いんです。昭和より前かもしれません(笑)。付き合ってて楽しいなと思います。

毎月、駅前で渡す野菜は僕らが選んでいるのですが、「おいしかったよ」「これ、なかなか食べられなくて貴重な野菜だよね」なんて言われるとうれしいです。

地元のブルーベリーやかぼすを使ったオリジナルドリンクを、国際基督教大学の学生さんたちと開発して、駅前カフェや文化祭で販売しました。こちらも関わってくださった農家さんに喜んでもらえたり、地元大学学生に農業のことを知ってもらえたりしてうれしかったです。

まちなか農家プロジェクトのサイトに直売所ページを載せた農家さんから、検索からページを見たお客さんが直売所に来たと聞きました。こうしたサポートをしている実感を得たときや、それに向かって自分の強みを活かせたときはうれしいです。メンバーにとって、自己実現の場になっているんです。

国際基督教大学の学生と開発した、三鷹産ブルーベリーを使った「みたかベリー」

国際基督教大学の学生と開発した、三鷹産ブルーベリーを使った「みたかベリー」

強みを生かして、地域活動歴8年

-いつごろから、どういうきっかけで、地域活動に目が向いたのですか。

実家を出たいまでも、三鷹に住んでいます。会社は都心なので「なんで都心に住まないの?」と聞かれることもあるけれど、三鷹が住みやすくて。

本業はWEBやITの業界なのですが、歴史の浅い分野なので、大学を出てから10年も経つと、ベテランになりました。

そこで三鷹で僕のスキルが活かせないかと、30歳ごろから考えるようになりました。検索してみたところ、堀池喜一郎さんのブログを見つけました。僕のやりたいことをやってる人だなぁと。

堀池さんはみんながブログを書いて、発信していくことで、世の中を良くしていこうと考えていました。ブログにはそれぞれが自分の強みを書くから、それを必要としている仕事や活動とマッチングできるというコンセプトです。僕はそれに共感しました。会ってみると40歳も年上とは思えないほど話が合って。よく飲みに行きました。そして「好齢ビジネスパートナーズ」の活動を一緒にすることになりました。

堀池さんからは、地域の困っている人を助けながら、小さいながらもビジネス的なものを作っていく、そういうお金の儲け方について勉強させてもらいました。堀池さんが「コミュニティビジネス」と呼んでいるものです。

はじめは堀池さんと一緒に、ブログ講座や企業向けの情報発信講座、中小企業向けのWEBコンサルティングなどをやっていました。いまでも数社のコンサルを続けています。

-ほかにはどんな活動をしていたのでしょうか。

次第に自分のオリジナルのことをしたい、僕と同じように会社員をしながら、自分の住んでいる地域で何かをしたいと考えている30代に出会いたいと思うようになりました。当時の「プロボノ」の流行りに乗って、地域団体や商店街などにプロボノを派遣する仕組みができないかと考え、三鷹プロフェッショナルカフェというイベントを10回ほどやりました。いまにつながる仲間とそこで出会った一方で、30代は子育てや仕事が忙しく、イベントには参加できても、主体的、継続的にプロジェクトに取り組める人はあまりいないことがわかりました。

そこで毛色を変えてやってみようと、三鷹中央通り商店街で毎月行われるM-マルシェに、個人の強みを生かして地域参加する仕掛けができないかと考えました。時計の修理工、写真家、占い師の知り合いの方に出てもらいました。僕は昔から将棋が得意なので、将棋盤を出しました。昔で言う縁台将棋というものです。この縁台将棋は多世代が交流し、けっこう人気が出て、回を重ねるうちに運営を手伝う人も現れました。

ここ(インタビューを行った「キズナ・バー」)の運営にも関わっています。5人+αの運営メンバーで三鷹駅前のコミュニティスペースとして活用しています。

まちなか農家プロジェクトが開催したキウイフルーツの試食会で

まちなか農家プロジェクトが開催したキウイフルーツの試食会で

メリットの多い会社勤めとの両立

-地域活動が活発になっても、会社勤めは続けるのですね。大変ではないですか。

僕が会社員を続けているのは、地域とは違う尺度で仕事をする経験を積むためです。

地域での活動で、一人食っていくぐらいはなんとかなるかもしれないですけれど、会社員を辞める気はありません。会社員として固定収入があるから、動きやすいという面もあります。初めに持ち出しがあっても大丈夫ですから。もちろん時間的な制限はありますが、スキルアップにもなるし、人脈も広がります。定年後や会社をクビになった後もなんとかなることがわかります。だから僕は周りに、勤めながら地域で複業することを勧めています。

-複業やパラレルキャリアが注目されています。

複数の仕事を掛け持ちする複業やパラレルキャリアを国が後押ししています。複業をしたい人のためのワークショップなどに、実践者として呼ばれることがあります。最近では複業と地域活動での収入を足すと、本業の収入に迫る月もあります。そういう実際的なことをお話ししています。

-時間のやりくりがとても上手ですね。

まちなか農家プロジェクトなどの活動は、会社の休み時間や移動中の電車のなか、土日のうちのどちらか半日ぐらいを充てています。本業では数年前から残業をしないようにしていて、実際に今年はほとんど残業をしていません。

じつはいままた将棋の勉強をしていて、帰宅後に毎日3時間ぐらいやっています。好齢ビジネスパートナーズで講座をするときは数ヶ月前からその勉強を、まちなか農家プロジェクトのスタート時は法律の勉強などを、毎日3時間やっていました。

自分なりの地域活動の関わり方について語る苔口さん(キズナ・バーで)

自分なりの地域活動の関わり方について語る苔口さん(キズナ・バーで)

頑張らないから続けられる

-たくさんのことに関わっているのに、とても自然体で気負いを感じません。

「頑張ってない」と言うと語弊があるかもしれませんが、でも頑張ってないんです(笑)。めちゃくちゃ休みますし、飲みにも行ってます。体力的にも、頑張ると続かない。なので頑張らないようにしています。

だからまったく苦じゃないんです。定期的にやるものが変わっていって、それが地域活動と一致するときもあるし、違うときもある。できれば一致させたいと思っていて、いま勉強している将棋も地域活動に活かせるだろうし、もしかしたら本業の方でも使えるかもしれないと考えています。

短期間で突っ走るより、コツコツ長くやったほうが成果が出ることは、高校のころに将棋から学びました。活動のやり方や考え方にも、通じるところがあると思っています。

-今後はどのように、地域と関わっていきたいと考えていますか。

まちなか農家プロジェクトは立ち上げから運用に乗るまではやりますが、その先は主体的にやっていく人と一緒に運営していくのが個人的には理想だなと思っています。

僕はどちらかというと言い出しっぺになるタイプ。新しいことを企画して、夢を描いているタイミングが一番楽しいんです。0から1にするのが得意なほう。古い組織とかいろんな関係者がいるなかで立ち上げなきゃいけないことが多いと思うのですが、そういう関係性作りや一つずつ説明をすることが、苦手ではないんです。

そして、お金を引っ張ってきて、誰かを雇って、お金を稼いで、お金を管理してと、プロジェクトの全体を見ることも得意です。なんでもできるということは、特化してできるものがないということではありますが、いい意味でバランス型だと思ってます。バランス型だからこそ、時間の使い方などが自然にうまくできるのかもしれません。バランス型も自分の強みとして、これからも地域活動をやっていきたいと思っています。


この記事を書いた人
小田原 澪 (てんびん座)ライター

続きを見る

関連記事

  1. 変わり続ける街で、変わらぬ味を守る。2代目ちゃんぽん店の夫婦が語る三鷹…

  2. あふれる好奇心がすべての原動力。たくさんの肩書きが示す仕事観と、次なる…

  3. ここは文具と雑貨の織りなす小宇宙。心に響く何かが見つかるお店でありたい…

  4. 公益財団法人 中近東文化センター付属博物館

    体験コーナーもある小さな博物館で、中近東の文化と歴史を堪能。

  5. 都市近郊の公園にもある多様な生き物の世界。観ればもっと知りたくなる、守…

  6. 居心地良く整えた仕事場兼店舗を友人とシェア こつこつ集めた大好きな古道…

  7. 数々の橋に歴史あり。 絵図を頼りに長い長い公園散歩。

  8. 多様な人たちが集い、思わぬ展開が生まれる。だから地域活動は面白い。

最近の記事

  1. 三鷹 一富士フルーツ
  2. 古本カフェ・フォスフォレッセンス

月別アーカイブ一覧

カテゴリー